軽自動車の自動ブレーキと衝突回避支援システムの性能比較

軽自動車の衝突回避支援システム性能比較

軽自動車にも自動ブレーキなどの衝突回避支援システムが普及してきましたが、その性能はシステムごとに異なります。

同じメーカーの中でも複数のシステムがあり、車種によってどのシステムを採用しているかが違っている場合もあったりして、けっこう複雑です。

そこで、各メーカーの衝突回避支援システム(自動ブレーキ等)の性能を簡単に比較できる一覧を作りました。(自動ブレーキ作動最高速度の高い順に表示)

システム名をクリックすると、搭載車種の一覧も見ることができますので、車選びの参考にご活用ください。

デュアルセンサーブレーキサポート
メーカー自動ブレーキ作動速度人検知車線逸脱警報
マツダ5~100km/h60km/h以上で警報
誤発進抑制ふらつき検知先行車発進お知らせセンサー種類
60km/h以上で警報単眼カメラ+レーザーレーダー
デュアルカメラブレーキサポート
メーカー自動ブレーキ作動速度人検知車線逸脱警報
マツダ5~100km/h60km/h以上で警報
誤発進抑制ふらつき検知先行車発進お知らせセンサー種類
60km/h以上で警報ステレオカメラ
デュアルカメラブレーキサポート
メーカー自動ブレーキ作動速度人検知車線逸脱警報
スズキ5~100km/h60km/h以上で警報
誤発進抑制ふらつき検知先行車発進お知らせセンサー種類
60km/h以上で警報ステレオカメラ
ホンダセンシング
メーカー自動ブレーキ作動速度人検知車線逸脱警報
ホンダ5~100km/h60km/h以上で警報(アシスト有)
誤発進抑制ふらつき検知先行車発進お知らせセンサー種類
60km/h以上で警報(アシスト有)ミリ波レーダー+単眼カメラ
デュアルセンサーブレーキサポート
メーカー自動ブレーキ作動速度人検知車線逸脱警報
スズキ5~100km/h60km/h以上で警報
誤発進抑制ふらつき検知先行車発進お知らせセンサー種類
60km/h以上で警報単眼カメラ+レーザーレーダー
スマートアシスト3
メーカー自動ブレーキ作動速度人検知車線逸脱警報
ダイハツ4~80km/h60km/h以上で警報
誤発進抑制ふらつき検知先行車発進お知らせセンサー種類
ステレオカメラ
スマートアシスト3
メーカー自動ブレーキ作動速度人検知車線逸脱警報
スバル4~80km/h60km/h以上で警報
誤発進抑制ふらつき検知先行車発進お知らせセンサー種類
ステレオカメラ
スマートアシスト3
メーカー自動ブレーキ作動速度人検知車線逸脱警報
トヨタ4~80km/h60km/h以上で警報
誤発進抑制ふらつき検知先行車発進お知らせセンサー種類
ステレオカメラ
スマートアシスト2
メーカー自動ブレーキ作動速度人検知車線逸脱警報
ダイハツ4~50km/h60km/h以上で警報
誤発進抑制ふらつき検知先行車発進お知らせセンサー種類
レーザーレーダー+単眼カメラ
スマートアシスト2
メーカー自動ブレーキ作動速度人検知車線逸脱警報
トヨタ4~50km/h60km/h以上で警報
誤発進抑制ふらつき検知先行車発進お知らせセンサー種類
レーザーレーダー+単眼カメラ
レーダーブレーキサポート
メーカー自動ブレーキ作動速度人検知車線逸脱警報
スズキ5~30km/h
誤発進抑制ふらつき検知先行車発進お知らせセンサー種類
レーザーレーダー
エマージェンシーブレーキ
メーカー自動ブレーキ作動速度人検知車線逸脱警報
日産5~30km/h
誤発進抑制ふらつき検知先行車発進お知らせセンサー種類
レーザーレーダー
eアシスト
メーカー自動ブレーキ作動速度人検知車線逸脱警報
三菱5~30km/h
誤発進抑制ふらつき検知先行車発進お知らせセンサー種類
レーザーレーダー
シティブレーキアクティブシステム
メーカー自動ブレーキ作動速度人検知車線逸脱警報
ホンダ5~30km/h
誤発進抑制ふらつき検知先行車発進お知らせセンサー種類
レーザー
レーダーブレーキサポート
メーカー自動ブレーキ作動速度人検知車線逸脱警報
マツダ5~30km/h
誤発進抑制ふらつき検知先行車発進お知らせセンサー種類
レーザーレーダー

(注)『自動ブレーキ』とは、主に市街地走行時にセンサーが車両前後方の状況をモニターし、衝突の危険があると判断した場合に自動的にブレーキをかけて停止もしくは減速をするシステムです。『ぶつからない車』としてテレビCMで有名になったアイサイトなどが代表的ですが、軽自動車にもスマートアシストやレーダーブレーキサポートなど様々な同様のシステムが採用されています。ただし、同じ自動ブレーキでも、各メーカーや車種ごとのシステムによって、その性能には違いがあります。軽自動車の自動ブレーキなどの先進安全装備を一覧で比較する場合は、軽自動車の性能比較ランキング一覧が便利です。

『自動ブレーキ作動速度』は、自動ブレーキが作動する最低速度と最高速度の範囲を表しています(警報のみの速度域は含んでいません)。状況により、速度域内でも作動しない場合もあります。

『人検知機能』とは、センサーで人を検知して警報を発するシステムです。

『車線逸脱警報』とは、センサーで車線を認識し、車線から外れそうになったときに警報を発するシステムです。

『誤発進抑制機能』とは、前後に障害物がある状態でアクセルを踏み込もうとしたときに、エンジン出力を抑えたりブレーキをかけたりして衝突を防ぐシステムです。

『ふらつき検知機能』とは、車の挙動からふらつきを検知したときに警報を発するシステムです。居眠り運転の予防などに役立ちます。

『先行車発進お知らせ機能』とは、信号待ちなどで、前の車が発進したのに気付かずに止まったままになっている場合に、警報を発して知らせてくれるシステムです。

『自動ブレーキのセンサー』には、レーザーレーダーやカメラなどがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

『衝突回避支援システム名』は、自動ブレーキやそれを含む先進安全システムの名称です。メーカーやシステムの種類によって呼び方が違います。メーカーオプションにより設定されている場合を含みますが、特別仕様車は除外しています。

データは定期的にメンテしており、できるだけ正確な情報を心がけていますが、最新かつ正確な情報はメーカーの公式サイト等でご確認ください。

軽自動車の性能をランキング形式で見る場合はこちら

軽自動車を条件で絞り込む場合はこちら

軽自動車のコラムTOPに戻る

▲ページTOPへ▲

ズバット車買取比較

軽自動車ランキング|軽自動車の中古

Oh!軽トップページにもどる

車情報サイトランキング

Copyright (C) 2001-2016 Oh!軽|軽自動車の新車情報、購入ガイド、比較ランキング, All rights reserved.