自動運転がレベル2の軽自動車

自動運転がレベル2軽自動車」で2件該当しました。(最低価格安い順

画像メーカー車名価格
NボックスホンダNボックス138~188万円
ボディタイプ最良燃費全高
スーパーハイトワゴン27km/L1815mm
室内長室内幅室内高車両重量
2240mm1350mm1400mm890kg
最小回転半径馬力トルク燃料タンク
4.5m64ps10.6kg・m27L
パドルシフトバックドアリヤシート荷室広さ
7速CVT上開きスライド可広い
スライドドアターボ車発売年自動ブレーキ
2017年
自動ブレーキ作動速度人検知車線逸脱警報誤発進抑制
5~100km/h60km/h以上で警報(アシスト有)
ふらつき検知先行車発進お知らせセンサー種類衝突回避支援システム
60km/h以上で警報(アシスト有)ミリ波レーダー+単眼カメラホンダセンシング
エアバッグOEM関係車予防安全性能評価詳細画像
6個76.6点関連記事
自動ハイビームクルコン全方位モニターハイブリッド
アダプティブ××
サポカー後方自動ブレーキサーキュレーター
サポカーSワイド××
自動運転流れるウインカーヘッドアップディスプレイ
レベル2××
ヘッドライト中古車相場買取価格カタログ
LED人気軽自動車Nボックスの激安中古車検索Nボックスの買取額概算Nボックスの公式ホームページWEBカタログ
※原則、最低価格・車両重量・最小回転半径は最も数値の小さいグレード、その他は最も数値の大きなグレードのものを表示(特別仕様車は除外)。※予防安全性能評価結果のない車種は0点と表示。OEM車は同点とみなしています。
画像メーカー車名価格
NボックスカスタムホンダNボックスカスタム169~208万円
ボディタイプ最良燃費全高
スーパーハイトワゴン27km/L1815mm
室内長室内幅室内高車両重量
2240mm1350mm1400mm900kg
最小回転半径馬力トルク燃料タンク
4.5m64ps10.6kg・m27L
パドルシフトバックドアリヤシート荷室広さ
7速CVT上開きスライド可広い
スライドドアターボ車発売年自動ブレーキ
2017年
自動ブレーキ作動速度人検知車線逸脱警報誤発進抑制
5~100km/h60km/h以上で警報(アシスト有)
ふらつき検知先行車発進お知らせセンサー種類衝突回避支援システム
60km/h以上で警報(アシスト有)ミリ波レーダー+単眼カメラホンダセンシング
エアバッグOEM関係車予防安全性能評価詳細画像
6個76.6点関連記事
自動ハイビームクルコン全方位モニターハイブリッド
アダプティブ××
サポカー後方自動ブレーキサーキュレーター
サポカーSワイド××
自動運転流れるウインカーヘッドアップディスプレイ
レベル2×
ヘッドライト中古車相場買取価格カタログ
LED人気軽自動車Nボックスカスタムの激安中古車検索Nボックスカスタムの買取額概算Nボックスカスタムの公式ホームページWEBカタログ
※原則、最低価格・車両重量・最小回転半径は最も数値の小さいグレード、その他は最も数値の大きなグレードのものを表示(特別仕様車は除外)。※予防安全性能評価結果のない車種は0点と表示。OEM車は同点とみなしています。

※『燃費』は、カタログに掲載されているJC08モードの数値です。もっとも燃費のよいグレードの数値を表示しています。実際の燃費は、この数値の6割から8割程度になると思われます。『価格』は、もっとも価格の安いグレードからもっとも価格の高いグレードの範囲を表示しています。原則としてメーカーオプションやセットオプションなどは除いています。『ボディタイプ』は独自のタイプ分けを行っていますので、他の資料等とは一致しない場合があります。『自動ブレーキ』とは、主に市街地走行時にセンサーが車両前後方の状況をモニターし、衝突の危険があると判断した場合に自動的にブレーキをかけて停止もしくは減速をするシステムです。『ぶつからない車』としてテレビCMで有名になったアイサイトなどが代表的ですが、軽自動車にもスマートアシストやレーダーブレーキサポートなど様々な同様のシステムが採用されています。ただし、同じ自動ブレーキでも、各メーカーや車種ごとのシステムによって、その性能には違いがあります。軽自動車の自動ブレーキなどの先進安全装備を一覧で比較する場合は、軽自動車の性能比較ランキング一覧が便利です。『自動ブレーキ作動速度』は、自動ブレーキが作動する最低速度と最高速度の範囲を表しています(警報のみの速度域は含んでいません)。状況により、速度域内でも作動しない場合もあります。『全高』は、原則としてもっとも高いグレードのものを表示しています。『室内長』は、原則としてもっとも長いグレードのものを表示しています。『室内幅』は、原則としてもっとも長いグレードのものを表示しています。『室内高』は、原則としてもっとも高いグレードのものを表示しています。『スライドドア』が装備されている車は「有」、装備されていない車は「無」と表示しています。『馬力』は、原則としてもっとも大きいグレードのものを表示しています。『最大トルク』は、原則としてもっとも大きいグレードのものを表示しています。『燃料タンク容量』は、原則としてもっとも大きいグレードのものを表示しています。2WDと4WDでタンク容量が異なる場合もあります。『車両重量』は、原則としてもっとも軽いグレードのものを表示しています。『最小回転半径』は、原則としてもっとも小さいグレードのものを表示しています。『リヤシート』は、リヤシートがスライドできる車は「スライド可」、スライドできない車は「スライド不可」と表示しています。グレードによってスライド可否が異なる場合や、リヤシートの無い車などもあります。『バックドア』は、バックドアの開き方を表示しています。上開き、横開き、独立トランクリッドなどがあります。『ターボ』は、ターボエンジンの設定があるかどうかを表示しています。『発売年』は、現行型が発売された年を西暦で表示しています。新型車は発売された年、その他はフルモデルチェンジした年になります。発売年を見ることで、新しい車なのか、次のフルモデルチェンジが近いのかなどを知ることができます。『満タン時航続可能距離』は、燃費×燃料タンク容量の単純計算により求めた数値です。燃料満タンでどのくらいの距離を走ることができるかの目安になります。電気自動車は、満充電で走ることができる距離を表示しています。実際の航続距離は6~8割程度になると思われます。『室内容積』は、室内長×室内幅×室内高の単純計算により求めた数値です。実際には室内トリムの凹凸やシートなどによってこの数値より狭くなります。『経済性』は「最低価格÷燃費」で求めています。価格が安く、燃費が良い車ほどコストパフォーマンスが良く(経済性が高く)、数値が小さくなります。お金のかからない車の目安になります。電気自動車は直接の比較ができないため、0円としています。『予防安全性能評価点数』は、JNCAP予防安全性能アセスメントの試験結果によります。自動ブレーキ、車線逸脱警報、バックカメラの性能を、46点満点で評価しています。試験結果の公表データのない車種は「0点」と表示されています。OEM車も同一点数とみなしています。『人検知機能』とは、センサーで人を検知して警報を発するシステムです。『車線逸脱警報』とは、センサーで車線を認識し、車線から外れそうになったときに警報を発するシステムです。『誤発進抑制機能』とは、前後に障害物がある状態でアクセルを踏み込もうとしたときに、エンジン出力を抑えたりブレーキをかけたりして衝突を防ぐシステムです。『ふらつき検知機能』とは、車の挙動からふらつきを検知したときに警報を発するシステムです。居眠り運転の予防などに役立ちます。『先行車発進お知らせ機能』とは、信号待ちなどで、前の車が発進したのに気付かずに止まったままになっている場合に、警報を発して知らせてくれるシステムです。『自動ブレーキのセンサー』には、レーザーレーダーやカメラなどがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。『衝突回避支援システム名』は、自動ブレーキやそれを含む先進安全システムの名称です。メーカーやシステムの種類によって呼び方が違います。『最大エアバッグ個数』は、もっとも数が多いグレードのものを表示しています。メーカーオプションを含みます。『パドルシフト』とは、ハンドルを握ったままシフトチェンジができるレバーのことです。『ヘッドライトの種類』は、上位グレードのヘッドランプの種類を表示しています。「HID」は、ディスチャージヘッドランプ、キセノンヘッドランプとも呼びます。上位グレードと下位グレードでヘッドランプの種類が異なることがあります。メーカーオプションにより設定されている場合を含みますが、特別仕様車は除外しています。モーターがエンジン走行を直接アシストする機能を持つ車をハイブリッドカーとしています。「EV走行可」の車は、一定の条件が揃ったときのみモーターのみで走行できます。「ピュアEV」は、純粋な電気自動車で、ハイブリッドカーではありません。スイッチ操作で一定の速度を自動的に保ってくれるクルーズコントロールが設定されている車種です。一部グレードや特別仕様車のみに装備される場合も含みます。全方位モニターとは、四方に取り付けられたカメラの映像を合成して自車を上から見た俯瞰ビューでモニターに映し出す機能で、トップビューモニター、アラウンドビューモニター、パノラマモニターなど様々な呼び方があります。自動運転車とは、アクセル操作、ブレーキ操作、ステアリング操作のいずれかまたは複数を車側で自動制御できる車のことを言います。レベル0=すべてドライバーが操作、レベル1=どれかひとつを自動制御、レベル2=複数を制御、レベル3=すべてを制御するが緊急時等はドライバーが操作、レベル4=完全自動運転という5段階で表示されます。「サポカー」とは、セーフティサポートカー(安全運転サポート車)の略称で、自動ブレーキが搭載されている車が該当します。さらに、ペダル踏み間違いに対応した装備が付いていると、高齢者におすすめということで「S」が付加された「サポカーS」となります。サポカーSには3つの区分があり、低速時の自動ブレーキに対応した「ベーシック」、低速時に限らず対車両の自動ブレーキに対応した「ベーシック+」、対歩行者の自動ブレーキに対応し、車線逸脱警報や先進ライト(オートハイビームやアダプティブヘッドライト等)まで装備した「ワイド」に分けられます。なお、安全装備は万能ではありませんので、安全に注意して運転しなければいけないのはどの車も同じです。「後方自動ブレーキ」とは、バック時に超音波センサーなどにより後方の障害物を検知し、自動的にブレーキがかかるシステムです。ヘッドアップディスプレイ」とは、通常のメーターのディスプレイとは別に、ダッシュボードの上やフロントガラスなどに映像を投影して情報を表示するシステムです。ダッシュボードの上にパネルが出てくるものと、フロントガラスに直接投影するものがあります。略称はHUD。「流れるウインカー」とは、正式にはシーケンシャルターンランプまたはシーケンシャルウインカーというもので、車両中央側から端に向けて流れるようにLEDが点灯するLEDを使ったウインカーです。「サーキュレーター」とは、後席に風を送るために天井などに取り付けられた送風機のことです。見た目は後席用エアコンのように見えますが、実際には冷暖房の機能はなく風を送るだけになりますが、特に夏場は後席の快適性が増します。

軽自動車の性能をランキング形式で見る場合はこちら

軽自動車大事典の選択画面に戻る

さらに細かくこんな選び方もできます

軽自動車ランキング
⇒燃費、価格、室内の広さ、タンク容量、予防安全性能評価点数、馬力、発売年など、あらゆるデータで軽自動車のランキングが見られます。

軽自動車の比較
⇒全車種の装備や性能を一覧で比較できます。

軽自動車ガイド
⇒価格、燃費、エアバッグ個数、サイズ、馬力、車両重量など、様々な条件を複数設定して条件に合う車を一発検索できます。

軽自動車の選び方
⇒10個の質問に答えていくだけであなたにぴったりの軽自動車が見つかります。

おすすめの軽自動車
⇒性能ではなく雰囲気でおすすめの軽自動車が探せます。

▲ページTOPへ▲

ズバット車買取比較

軽自動車ランキング|軽自動車の中古

Oh!軽トップページにもどる

車情報サイトランキング

Copyright (C) 2001-2018 Oh!軽|軽自動車の新車情報、購入ガイド、比較ランキング, All rights reserved.